熊谷で一日遊んできた模様を東レファンのために報告する。

埼玉アザレアが東レアローズを招いて行う恒例の交流試合(PDF)が、今年は7月15日、熊谷市民体育館で開催されます。前売りは予約制ですが、試合当日15時まで申し込み可能との変更があり、予定が直前まで決まらない人も観戦しやすくなったのではないでしょうか。

さて、熊谷市は埼玉県の北部に位置し、Vリーグオールスターの会場だった深谷市と隣接しています。筆者は熊谷市の女子ラグビーチーム「ARUKAS QUEEN KUMAGAYA(アルカス熊谷)」を応援しており、イベントで何度か足を運んだことがありますが、東京都心部からJR高崎線で1時間少々。結構、遠いです。
遠路はるばる来てもらうんだから、試合以外のことも楽しんで欲しい。そんなおもてなしの心がアザレア首脳陣にあれば……と思うところなんですが、残念ながらこれまで、そういった気の利かせ方をしたことがほとんどありません。まして熊谷なんかフランチャイズでもないから、「実は私……海岸線、あるんだ」と言っても、「ふーん」で流されるんじゃないでしょうか。

「仕方ない、アルカスのファンとして、ここはひとつ熊谷のおすすめスポットをですね」と思い立ったものの、実は自分も駅とイベント会場(ホテルガーデンパレスマロウドイン熊谷)の往復だけで、ほとんど熊谷の街を歩いていないことに気づき、「これはいかん」とさっそく遊びに行ってきました。遠征してくる東レファンや、埼玉県民だけど熊谷のことはよく知らないアザレアファンの方々にとって、試合前後の寄り道の参考になれば幸いです。
続きを読む