「自分はこのチームにどうしても勝って欲しかったのだ」

作家・津村記久子さんによる、サッカーチームを応援する人々を描いた連載小説「ディス・イズ・ザ・デイ 最終節に向かう22人」が今年1月、朝日新聞(夕刊)で始まりました。毎週金曜日掲載の連作短編小説で、第1話「えりちゃんの復活」は5回で終了、3月10日の紙面で第2話「若松家ダービー」の5回目まで進んでいます。(追記)3月17日で第2話は終了、24日から第3話になります。 続きを読む