STAR&MAXって誰が出てましたっけ。

バレーボール日本リーグ50周年記念事業として予告されていたVリーグオールスターの概要が発表されました
女子は3月25日、男子は26日に、プレミアオールスターとチャレンジオールスターの2試合をそれぞれ開催するとのこと。選手はファン投票と主催者推薦枠などにより決定。会場は調整中だそうですが、大きいハコが取れることを祈っております。
ファン投票に関しては、アプリやGoogleアカウントを利用し、会場でオンラインスタンプを集め、その数によって投票回数が決まるようです。スタンプラリー用の特設サイトも設置されました。ただ、投票は12月中旬開始予定で、現時点では1回につき何人に投票できるのか、また、ファン投票選出枠が何人で合計何選手が出場するかなどは不明となっています(あくまで個人の予想ですが、プレミアはファン投票12枠+推薦12枠、チャレンジはファン投票6枠+推薦18枠って感じじゃないかな、と。各チーム1人以上にするための調整を考えると)。

Vリーグでは第3回(1996/97)から第8回(2001/02)にかけてオールスターゲームを実施していました。年度によって対戦方式や選出人数が異なりますが、どの選手が選出されていたのか、雑誌等(主に月バレ)で調べました。調べ切れていない部分もあるので、資料お持ちの方は提供頂けると助かります。

■1996/97:調べ中

■1997/98(1998年4月11、12日 東京体育館)
24人がSTAR&MAXの2チームに分かれて対戦。ファン投票順位未確認。
[ファン投票選出11人]平野信孝、佐々木太一、真鍋政義、泉水智、泉川正幸、白数仁孝、中垣内祐一、紫和昌修、西村晃一、竹内実、青山繁(※12位の秋山央は辞退)
[監督推薦13人]荻野正二、下村英士、宮崎謙彦、高橋智則、湯浅政彦、ゴリュチェフ・バレリ、奥田晃、朝日健太郎、小林敦、米山博之、イェルツェン・グイド、大竹秀之、金牧貴久
〈新日鐵5(2+3)、NEC5(3+2)、松下電器5(2+3)、サントリー3(1+2)、富士フイルム1(0+1)、東レ2(1+1)、JT2(1+1) ※住友金属は3月に休部〉

■1998/99(1999年4月10、11日 東京体育館)
リーグ優勝チームのNECと12人のオールスターチームが対戦。
[ファン投票選出6人]
(1位 西村晃一)
2位 朝日健太郎
3位 平野信孝
4位 加藤陽一
5位 佐々木太一
(6位 竹内実)
7位 南克幸
8位 中垣内祐一
[監督推薦7人]青山繁、紫和昌修、宮崎謙彦、小糸敬夫、小林敦、泉川正幸、清水雅之
〈東レ1(1+0)、サントリー2(2+0)、松下電器3(0+3)、富士フイルム1(0+1)、新日鐵1(1+0)、JT1(1+0)、NTT東海0、豊田合成0、旭化成1(1+0)〉

■1999/2000(2000年4月22、23日 東京体育館)
24人の選手がSTAR&MAXに分かれて対戦。
[ファン投票選出12人→10人]
1位 加藤陽一(6727)
2位 西村晃一(6329)
3位 朝日健太郎(5398)
※4位 平野信孝(3922)
5位 竹内実(3618)
6位 青山繁(1414)
7位 西田靖宏(1251)
8位 荻野正二(1205)
9位 佐々木太一(1178)
※10位 南克幸(1106)
11位 中垣内祐一(1058)
12位 紫和昌修(1031)
ファン投票合計45294票(※平野、南は辞退)
[監督推薦14人]奥田晃、泉川正幸、細川延由、吉永文幸、津曲勝利、澤畠雄一郎、高橋智則、河野裕輔、山口誠、小林敦、斎藤信治、青木一平、増村雅尚、南裕之
〈サントリー4(3+1)、東レ5(1+4)、NEC5(3+1)、新日鐵3(1+2)、JT1(0+1)、松下電器1(1+0)、富士フイルム3(1+2)、NTT西日本1(1+0)、旭化成1(0+1) ※豊田合成は降格〉

■2000/01(2001年4月21、22日 東京体育館)
ファン投票選出6人+全日本6人がアメリカチームと対戦。
[ファン投票選出6人]
1位 加藤陽一
2位 西村晃一
3位 朝日健太郎
4位 西田靖宏
5位 平野信孝
6位 竹内実
[監督推薦6人]清水雅之、菊池洋之、高橋智則、甲斐祐之、牛尾正和、川浦博昭
〈サントリー2(1+1)、JT1(1+0)、東レ1(1+0)、NEC3(2+1)、堺2(0+2)、松下電器1(0+1)、旭化成0、富士フイルム1(0+1)、日立国分0、NTT西日本1(1+0)〉

■2001/02(2002年4月20、21日 東京体育館)
24人の選手がSTAR&MAXに分かれて対戦。
[ファン投票選出12人]
1位 加藤陽一
2位 西村晃一
3位 朝日健太郎
4位 西田靖宏
5位 山本隆弘
6位 竹内実
※7位 中川一
8位 前田悟
9位 南克幸
10位 山口誠
11位 佐々木太一
12位 高橋智則
(※中川は怪我との記載)
[監督推薦13人]甲斐祐之、清水雅之、津曲勝利、泉川正幸、青山繁、尾上健司、真鍋政義、荻野正二、小林敦、中垣内祐一、澤畠雄一郎、河野裕輔、坂本雄一郎
〈NEC2(2+0)、サントリー5(2+3)、堺4(1+3)、東レ4(2+2)、富士フイルム2(0+2)、JT1(0+1)、松下電器1(1+0)、旭化成2(1+1)、NTT西日本3(3+0)、日立国分1(0+1)〉

色々事情があったのかもしれないですが、オールスターと銘打っておきながら誰も出ていないチームがあるというのはいただけませんね。今回は流石にそんなことはないようにしてくれると思いたいのですが……。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中