Vチャレンジ男子2014/15オールスターを勝手に選んでみた。

Vリーグも全日程が終了し、V機構が「豪華表彰式をプレミアファイナルでやるよ! すごいでしょう!」と宣伝していたもののチャレンジ男子個人技術賞受賞者の3人は呼ばれていなかったことが明らかになり遠い目をしている今日このごろ、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

今回はVチャレンジ男子2014/15シーズンにオールスターゲームがあったらどの選手が選ばれるかを勝手に考えてみました。

【チーム分け】
東西で分割でも良かったのですが、特に西の内部格差が大きくなるので、順位の奇数偶数で振り分けることにしました。

【選考基準】
最優先事項は「各チーム1人以上を選出すること」です。各選手の個人成績、チームへの貢献度と順位なども考慮していますが、全チームから呼べるようバランスを重視しました(なので泣く泣く削った選手もいます)。

それではメンバーを発表していきましょう。

[Team ODD Numbers]
(大分三好・警視庁・つくば・東京ヴェルディ・きんでん・近畿クラブ)
S
木場田(大分三好)中道(警視庁)
木場田(大分三好)・中道(警視庁)

WS
池田(大分三好)中村(警視庁)中村(東京ヴェルディ)岡本(きんでん)
池田(大分三好)・中村(警視庁)・中村(東京ヴェルディ)・岡本(きんでん)

MB
田中(大分三好)奥村(つくば)村上(東京ヴェルディ)橋本(大分三好)

田中(大分三好)・奥村(つくば)・村上(東京ヴェルディ)・橋本(大分三好 ※特別推薦ガヤ枠)

OP
オンテレ(大分三好)浜田(つくば)鳥越(近畿クラブ)

オンテレ(大分三好)・浜田(つくば)・鳥越(近畿クラブ)

L
石川(警視庁)吉野(つくば)大賀(きんでん)
石川(警視庁)・吉野(つくば)・大賀(きんでん)

選考総評:選考委員の間で特に議論が紛糾したのは木場田、橋本、鳥越の3選手。木場田については「だったら山田でも」「いや浜田でも」「浜崎(小声」「奥田オーオーアーキラー♪」「それくらいなら毛利」「梶野は止めて! 過労死しちゃう!」など様々な意見が飛び交ったが、「そもそも中道以外のセッターは、程度の差はあれ一長一短。木場田はプレミア経験もあるし、オールスターの意図を理解したトス捌きが一番期待できる」という委員の意見に渋々納得する形で決着した。
橋本については委員長が「お祭りの場に彼を呼ばなくて一体誰を呼ぶのだ」と一喝したところ多数の委員が賛同に回ったが、やはり全試合ベンチ入りしながら出場セット数が少なく各種規定未満である点は無視できないため、特別推薦ガヤ枠を設けることとなった。
近畿クラブについては「そもそもメンバーが日替わり過ぎて誰が出ていたのか把握できていない」との意見で満場一致。そこで一致しても仕方がないので公式プログラムとB帳票を何度もめくりながら議論を重ねた結果、唯一アタック決定率の規定に到達していた本多を推す声も強かったが、出場した10試合のチームアタック得点の4割を一人で稼ぎ、決定率もチーム平均を上回った鳥越の孤軍奮闘ぶりが評価され、僅差での選出となった。大丈夫、何でもできる浜田がいるからだいたい何とかしてくれる。

[Team EVEN Numbers]
(富士通・大同特殊鋼・トヨタ自動車・埼玉・兵庫・東京トヨペット)
S
新(富士通)東野(トヨタ自動車)
新(富士通)・東野(トヨタ自動車)

WS
杉本(富士通)倉田(大同特殊鋼)浅川(トヨタ自動車)松本(東京トヨペット)
杉本(富士通)・倉田(大同特殊鋼)・浅川(トヨタ自動車)・松本(東京トヨペット)

MB
岡村(富士通)平野(大同特殊鋼)森本(トヨタ自動車)石田(埼玉)川合(兵庫)  

岡村(富士通)・平野(大同特殊鋼)・森本(トヨタ自動車)・石田(埼玉)・川合(兵庫)

OP
中川(富士通)辰巳(大同特殊鋼)徳尾(トヨタ自動車)
中川(富士通)・辰巳(大同特殊鋼)・徳尾(トヨタ自動車)

L
平井(大同特殊鋼)高橋(埼玉)
平井(大同特殊鋼)・高橋(埼玉)

選考総評:奇数組に比べれば意見の不一致も少なく、複数の委員から「チームとしてVリーグに参加する水準を満たしていないことに疑いの余地は無い」と酷評された東京トヨペットについても推薦選手はすぐに決定したが、杉本について若干の異論が出たのと、「大同特殊鋼はこれでいいのか」という意見が多数あった。
杉本については内定選手としてリーグ途中から合流したため、個人技術集計の規定に到達していない。また、「富士通のWSならキャプテン岩井の貢献度を高く見るべきでは」との指摘も出された。しかしながら、2legではほとんどの項目で岩井の成績を上回っており(唯一下回ったアタック決定率も僅差)、彗星のごとく現れたインパクトと、中川・岡村とセットでオールスターに呼んで差し支えのない人材であろうことが決め手となり各委員の了承を得た。
大同特殊鋼については「こういう時に名前の挙がるメンバーが数年前から一向に変わっていないのではないか」という疑義が呈され、せめてWSは倉田ではなく内定の久保田にすべきとの声もあった。しかし杉本・岩井とは逆に、倉田を差し置いて久保田を推せる成績ではなく、大同特殊鋼から5人目を選出するのは各チームとのバランスを考えても難しいと判断され、最終的にこのメンバーとなった。

(※見る方が見たら、昨季の写真を使っている選手が2人いることにお気づきになるかと思います。今季の写真をお持ちの方、よろしければご提供ください)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中