商売ベタなV機構とトレカの話。

やるやる詐欺の傍らマシュマロ販売に勤しんだり斬新過ぎるチケットサイト育成ゲームに取り組んだりしているVリーグ事務局から、公式トレーディングカードの販売が発表されました。プレミア男女の全16チームの選手が登場しレアカードもあり。1月24・25日に会場で先行販売もされたそうです。

本当はトレカの楽しみ方の話を書こうかと思ったわけですが、相変わらずV機構が商売下手過ぎて頭が痛くなってきました。箇条書きでご紹介します。

(1)公式告知が遅過ぎ
V公式サイトとTwitterでは1/22に「画像初公開」としてポスター・ボックス画像を公表したわけですが。

大手カードショップMINT新宿店ブログでは1/8にカード画像を公開。内容もとても親切。

また、Vリーグの公式サイトは選手の紹介だけでなく、個人成績が驚く程細かにチェック出来るので一度覗いてみて下さい。トレカを開封して引き当てた選手の事をより深く知る事が出来るはずです!→Vリーグ公式サイトHP

選手紹介に加えて、カードをきっかけに選手を好きになってもらおうという心配りまでしていらっしゃいます。

(2)プロモカードの存在を告知できず
同じくMINT新宿店のツイート。 

プロモーションカードとは販促用の非売品カード。このツイートこそ、V公式でRTして紹介すべきなのに……。
そして販売用とデザインが違ってレア度高いと判断されたのか、Amazonでは最低額300円の高値取引に。
teduka

(3)ボックス買いならVリーグ以外の方がお得
TICトレカ事務局GAORAオンラインショップの先行予約なら、好きなチームのカードが選べる特典あり。

(4)V公式のリリースでは無視される特製バインダープレゼント
初心者ならカードバインダーが必須。ボックス3箱買えばバインダーの全員プレゼントに応募できるようですが、Vリーグ公式サイトのリリースではそんな説明一切無し。

(5)試合会場ではボックス販売のみ
女性には収集趣味があまり浸透していないのは周知の事実なのですが、なぜ最初からハードルを上げる。

売る気あるのかなぁ。

広告

商売ベタなV機構とトレカの話。」への2件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中