石神井に来い。

開幕しましたVチャレンジリーグ男子2014/15シーズン。今季はどんなドラマが待ち受けているのでしょうか。わくわくするのと同時に、何故か胃が痛くて仕方ありません。

さて、第3節にしてさっそく、リーグにとっての歴史的な一戦が行われます。
11月22日の石神井会場第2試合 トヨタ自動車―東京トヨペット
この試合はVチャレ男子のファンならば、ぜひとも見ておきたい。

何が歴史的なのか。それは、両チームをめぐる連敗記録です。

実業団・V1・Vチャレンジの連敗記録ワースト5は以下の通り。
ワースト5位 20連敗 日本ビクター(第2~3回実業団)
ワースト4位 22連敗 トヨタ自動車(第8回V1~Vチャレ06/07)
ワースト2位 28連敗 東京トヨペット(Vチャレ12/13~14/15)←現在進行形
ワースト2位 28連敗 トヨタ自動車(第1~2回V1)
ワースト1位 4041連敗 新日鐵化学(第23・26~27回実業団)
※後日追記:新日鐵化学の記録には、リーグ成績ではノーカウントになった1試合の敗戦を含む/第26回実業団リーグは神戸製鋼が阪神大震災被災により途中棄権し、対戦済みカードはカウントしない措置をとった。

11月9日終了時点で、トヨペがついに自動車の歴代2位の記録に追いつきました。15年の歳月を経て、28連敗するチームが再び現れました。次節、自動車が勝ってトヨペを単独2位へと蹴落とすのか、それともトヨペが勝って自動車と並んだままひとまず記録を途切れさせるのか。熾烈な一戦となりそうです。

今開催中の大相撲九州場所では、白鵬が大鵬の持つ歴代優勝記録に並ぶかどうかが注目されているのですが、自動車とトヨペの試合はいわば、大鵬と白鵬が直接対決してどちらが最多優勝かを決める取組のようなものなわけですよ。違うか。
自動車のあの若い選手たちがよちよち歩きの時代の記録を知っているとは到底思えないし、トヨペの選手もそこまで負け続けてるのを自覚できてるのかよくわかりませんが、こんな名誉というか不名誉のかかった勝負の場面はなかなか見られるもんじゃありません。ぜひ、会場で味わってください。

**********
「連敗記録まで調べてトヨペをdisるなんて……」と眉をひそめる方がいるかもしれません。個人的に、降格の無いリーグシステムと、現在のトヨペの状況については大いに疑問があります。ただしそれはそれとして、このリーグに所属しているチームについては、何か見どころを探して観戦のとっかかりにしたいという思いはあります。

見方を変えれば、連敗はある意味、勝利の歓喜のキャリーオーバーです。トヨペの次の1勝は彼らにとって非常に重い白星になるわけです。そこには他に代えがたい物語性が存在し、そういう目で見ればとても面白い試合になるのです。

さあどうぞ皆さん、22日は石神井へ!
※なお、入場できるかどうかについては保証できません。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中