警視庁バレー部についての外部からの補足(2018年度改訂版)

警視庁バレー部についての外部からの補足。

↑こちらの執筆時(2015年11月)から3シーズンが経過し、状況がそこそこ変わったので改めてまとめておきたいと思います。

DSC_8466.JPG

■警視庁バレーボール部(警視庁フォートファイターズ)について

・男子6人制のチームです。
・警視庁機動隊の特科車両隊に設置されており、本拠地は東京。ほとんどの選手が機動隊に所属しています。
・Vリーグの2部(2017/18シーズンまでの名称はチャレンジ1)に参戦しています。2018年秋から新リーグに移行しますが、引き続きV2リーグに参加します。

続きを読む

広告

保護中: (無題)

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

【今年もしつこく】2017年Vチャレンジ男子10大ニュース【勝手に決めた】

2017年ももうすぐ終わります。
一昨々々々年一昨々々年一昨々年一昨年昨年に引き続き、今年も勝手にVチャレンジリーグ男子の10大ニュースを選定しました。

1位 新リーグライセンス発表 大分三好とVC長野が1部へ自動昇格
来季スタートする「V.LEAGUE(新Vリーグ)」について、1部リーグ(現プレミア・新V1)は10チームに増枠することが決定。12月25日にライセンス審査の状況が公表され、昇格するのは大分三好・VC長野となることがわかった。大分三好は2012/13シーズン以来6季ぶりの1部復帰、VC長野はVリーグ参戦4季目でのスピード昇格。
2部(現チャレンジ1・新V2)には、東京V・きんでん・長野Gの3チームが昇格し、9チーム制になる。3部(現チャレンジ2・新V3)は新規参入チームを審査中。現在所属しているチームのうち、千葉は不参加となる模様。

続きを読む

Vリーグの「今週の見どころ」があまりに酷い件。

Vリーグ2017/18シーズン開幕おめでとうございます。

Vリーグ公式サイトでは、その週末の試合のポイントを紹介する「今週の見どころ」という観戦ガイドを配信しています。
「今週は地元で試合があるから」と足を運ぶ人に向けて、チームの現状や注目選手などについて事前に紹介し、試合をより楽しんでもらおうという姿勢自体は、評価しています。
しているのですが、もうとにかく中身が酷い。峻烈とか苛辣とか激甚とかを添えたくなるほど酷い。かれこれ5シーズンくらい読み続けてるけど、今季も安定感抜群で酷い。 続きを読む

本当におまえは何を言っているんだ。(改訂版・仙台と姫路と機構の件)

仙台ベルフィーユのチーム譲渡と取り消しを巡って、8月17日のヴィクトリーナ姫路の記者会見までの情報をもとに、その時点での矛盾や疑問を指摘する記事を書きました。

おまえは何を言っているんだ。(仙台と姫路と機構の件)

それから1週間後の8月24日に、Vリーグ機構がようやく記者会見を開き、今回の経緯について釈明しました。その内容が文字どおり「お前は何を言っているんだ」というもので、前回の記事に加筆するだけでは追いつかなくなりました。機構の会見内容を含めて、改めて三者の言い分を検証したいと思います。

続きを読む

おまえは何を言っているんだ。(仙台と姫路と機構の件)

※8月24日追記:機構が会見し経緯説明をしたのでその要素を加えました。
※9月2日追記:書き足しでは追いつかないので改訂版を書きました

Vの構造改革 バレーボールのスポーツビジネス化に向けて」を掲げ、新リーグ準備に取りかかっているVリーグ機構なのですが、現在女子の仙台ベルフィーユへの退社勧告や、チーム譲渡を受けたヴィクトリーナ姫路の新規参入をめぐって、迷走を続けています。一連の騒動の中で、特に譲渡申請と審査についてどうにも納得いかなかったので、状況を整理してみたいと思います。
続きを読む